ネパール ウルルン記

では二話を^^

 

※衝撃画像があるのでご注意を

 

最寄りのバス停から1時間くらい歩いたところにKoudiと言う小さな村があります。

ここに2泊します。

 

f:id:mikiharikae:20170304092438j:image

 

村をお散歩🚶‍♀️

お家が可愛い💕

f:id:mikiharikae:20170304095429j:image

f:id:mikiharikae:20170304095649j:image

 

わかります?

I ❤️ U

 

f:id:mikiharikae:20170304095722j:image

 

f:id:mikiharikae:20170304142257j:image

鶏小屋

f:id:mikiharikae:20170305135941j:image

 

 コーヒータイム☕️

キャンプみたい^ - ^

お水はヒマラヤのお水

念のため一度沸かしてから使います

f:id:mikiharikae:20170304140840j:image

f:id:mikiharikae:20170304142806j:image

 

そしてこの後、最高のおもてなしを頂きました。

村では、結婚式に値するほどのおもてなし。

大きくなるまで大切に育てられた山羊

一頭で半年間生活ができるそうです。

この大切な山羊を私達の為に。。

 

いろんな思いを抱くと思いますが、

あえて載せます。

 

最初から最後までこのカマでさばいてました!

 

包丁がないのです^ ^

 

f:id:mikiharikae:20170304143430j:imagef:id:mikiharikae:20170304143458j:imagef:id:mikiharikae:20170304143552j:imagef:id:mikiharikae:20170304150724j:imagef:id:mikiharikae:20170304150805j:imagef:id:mikiharikae:20170304150834j:image

 


『残酷』
わたしも初めは思いました。

 

でも

我が家も魚屋でした

食べなれていないものに対して

見慣れていないものに対して

抱く感情

命には変わりはないということを

改めて感じ、理解、感謝する瞬間でした。

 終始、心の中で手を合わせながら。。

 

 

山羊は全ての部位を食します

この黒いのは血の塊。

揚げてあるお米?と一緒に頂きます

f:id:mikiharikae:20170304152701j:image

食事は毎回山羊のダルバート

f:id:mikiharikae:20170305135456j:image

 

初!!

手で食べた(o^^o)

f:id:mikiharikae:20170305142032j:image

 

ネパール焼酎 ロキシー
各家庭の味があるそうです
強い!!
ちょっとしか飲めなかった(~_~;)

f:id:mikiharikae:20170305135639j:image

 山羊のミルク

めっちゃ濃厚!!

ちょっと甘くて美味しかった!

山羊のチーズ🧀を溶かすとまた違った美味しさ^ ^

f:id:mikiharikae:20170305135854j:image

 

初日にして

カルチャーショックはありながらも

いろいろなものを

見て、感じ、

とても充実した一日でした(*^ω^*)

 

では、続きはまた(*^ω^*)